派遣に登録して仕事をするメリット

介護派遣の仕事というのは、一つの事業所に所属をするのではなくあくまでも派遣会社に登録をして、そこから各事業所へと出向くスタイルのことを指します。したがって、一つの事務所で長々と働くことは当然ありえません。いろいろな職場を転職なしに転々とすることができ、その都度仕事のスタイルも変更していける点がメリットとして挙げられています。

特に、働く時間を好きなようにコントロールできる点が魅力です。時給がより高くなる夜間にだけ働きたいなら、その希望を出せば派遣会社も検討してくれます。一般的に、アルバイト介護士よりは時給が高くなる傾向にあります。ですが、正規の職員とは違って、賞与がもらえないというデメリットも存在しています。賞与は数十万になるケースもあるので、これがもらえないのは痛いです。

ただ、それにも増して、自由度があるというメリットが大きいため、現在では多くの人たちが介護派遣業者に登録をして、自由気ままに働いているという現実があります。仕事の内容については、正規の職員とそこまで違いはありません。強いて言うのであれば、介護計画の策定などは任せてもらえないでしょう。そうした作業は、その事業所で相談員として働く人が担っていて、派遣にはさせてもらえないことが多いです。

もし将来的には相談員といった管理者のポストに上り詰めたいと考えているなら、派遣ばかりしているのは少し考えものかもしれません。将来の時間は限られているので、上手に派遣のシステムを活用していきましょう。「色々な場所で経験を積みたい」「自由度が高い働き方がしたい」と考えているのなら、ぜひ派遣の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です